BLOG

遠赤外線の床暖房と睡眠の不調

2019/10/19
ロゴ

すっかり秋めいてきましたね (^_^)

季節の変わり目は気圧の変化が大きいので、自律神経にまで影響するそうですよ!

春、夏にウキウキしたり、秋、冬に切なくなるのも、季節の変化が大きく影響していますよね。

自律神経の安定を図るには、体を温めるのも方法の1つです!

ポイントは、心地いい程度であること!!!

遠赤外線の床暖房で、心地いいぬくもりを手に入れましょう !(^^)!

 

前回、睡眠の不調には温活という話をしました。

今回も不眠編です!

 

ショールームに来るお客様の中には夜あまり眠れない、寝つきが悪いという方もいらっしゃいます😞

そういう方には、遠赤外線を輻射する日だまり、メディカルマットを使うとよく寝られますよ!というお話しをしています。

 

眠気がなぜ起こるのかというと、深部体温が下がることで起こるんです。

眠る1~2時間前は深部体温を下げるために手や足の表面は血管が拡張して、手足が温かくなります。赤ちゃんが眠い時に手足がぽかぽかになっているのはこのためです。

脳の(深部体温)を低くして十分にクールダウンできると身体は眠りの準備に入ったと認識して眠くなるのです!

この手足の温度上昇の大きさと眠気の強さは比例するという研究結果もあるんですよ Σ(゚Д゚)

この体温調節がスムーズにいけばいくほどスムーズに眠りに入れるというわけです!!!

 

ちなみに、冷え性の方は手足の毛細血管が拡張しにくい傾向にあるので寝つきが悪かったり、眠りが浅かったりします。体を温めておくと血液が流れやすくなり、毛細血管も拡張しやすくなるのでスムーズに手足を温めることが出来て、眠気が訪れるというわけです (^_^)

 

手軽に体を温められるのは遠赤外線を輻射する「日だまり」「メディカルマット」もちろん「遠赤外線の床暖房」畳の「こはる日和」なんです!!!

 

ショールームに来たお客様は体感されたあと「あの日は本当によく眠れたのよ」「夜中に1度もおきなかった」という声を沢山いただいています (^^♪

 

ショールームで30分温まっていただいただけでも、そういう体感を得ていただけるので、実際にこれが家にあったら…………と思うとニコニコですよね!

 

これからの季節、ますます不眠や寝つきが悪い方が増えてくるのではないかと思います (´;ω;`)ウゥゥ

 

お気軽にショールームで体感してみてください!

心地いいぬくもりにビックリすると思いますよ😊