BLOG

遠赤外線の床暖房 免疫力アップ食材編 🍄

2021/03/25
ロゴ

暖かくなったと思えば雨降り…… (=_=)

体調壊してないですか?

 

今回は

免疫力アップ! 食材のご紹介!

 

食事で免疫力はアップします。

「食事で免疫力は上げられるかな?」と思っている方、安心してください!

 

家族に健康で笑顔でいてほしいと思っている奥様方は多いと思いますが、食事で免疫力がアップできます!

 

例えば

・納豆   : 血液をサラサラにする効果があります

・きのこ類 : 食物繊維が大変豊富で腸内をきれいにしてくれます。

・レンコン : 花粉症などのアレルギー疾患に有効です。

 

免疫力は食材でアップすることができる

 

免疫力とは、「病気に対抗する力がどれだけあるか?」です。

体内で各細胞がしっかりと働くには、日ごろの食事の栄養バランスが良い事が大切です。

それは、食事で摂取した栄養素で体内の免疫細胞を含む各種細胞や血液などが作られるからです。

 

免疫力を上げる食材は多々ありますが、その中でも調理しやすい食材や食べやすい食材にフォーカスをあてて選びました。

 

 

免疫力を高める食材と更に免疫力がアップする食べ方

 

(1) 玄米

玄米には白米とは比べ物にならないほどの栄養素が含まれています。

抗酸化作用のあるビタミンEや糖質を効率よくエネルギーに変えるビタミンB1が含まれています。

しかし、一番注目すべきは、食物繊維の豊富さです。

食物繊維が豊富な食品を食べると腸の働きが活発になり、免疫力を高める副交感神経も働きやすくなります。

 

(2) ヨーグルト

乳酸菌が多く含まれるヨーグルト。

乳酸菌は腸を活発にして、免疫力アップに一役買います。

しかし、乳酸菌は胃酸に弱いため、胃酸の影響を受けにくい食後30分に食べるのがベストタイミング

 

死んでしまった乳酸菌はまったく意味がないかというと、そうでもありません。

ほかの善玉菌のえさにもなり、死んでしまっても腸内環境を整えるのに一役買います。

 

     免疫力がアップする食べ方

・毎日200~300g食べる

 食べ物から摂取した乳酸菌は、腸内に定着しないため、毎日とることが必要です。

 なお、腸内の乳酸菌の量を程よく保つためには毎日200~300g食べましょう。

 

・はちみつやバナナと一緒に食べる

 はちみつやバナナに含まれているオリゴ糖は、大腸のビフィズス菌の餌になります。

ヨーグルトと一緒に食べると、おいしく食べることができ、腸内環境も良くなり、一石二鳥です。

 

(3) 納豆

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は血液をサラサラにする効果があります。

この効果は納豆を食べてから8時間は持続するため、朝、昼、晩の3食に納豆を食べると効果的です。

血流が良くなると、身体の隅々に血液が届くので、健康で元気な体つくりが出来ます。

 

     免疫力がアップする食べ方

・ほかの食材と組み合わせる

 抗酸化作用があるネギや食物繊維が多いオクラ、乳酸菌が豊富なキムチなどと一緒に食べると、健康効果がさらにアップし、飽きなく食べることが出来ます。

 

 

免疫力は身体を温めることでアップします。

 

身体を温めることは、食材の食べ方や日ごろの生活習慣を変えるだけで出来ます。

 

病気にならない健康な体作りのために、生活習慣の改善をしてみてください。

 

身体を温めるといえば

遠赤外線の日だまり!

 

遠赤外線の【日だまり】は

・がん治療専門クリニックや整骨院などでも使用されています。

 

・がん患者の方々が身体を温めるために使用されています。

 

・コンパクトサイズなので気になる所を温めることができます。

 

 

1度どんなものか試してみたいと思われる方に

1ヶ月レンタル実施しております。

 

お気軽にお問い合わせください (*^^*)