BLOG

遠赤外線とは?

2021/04/05
ロゴ

春本番ですね(^^)

本当は心ウキウキ♪♪♪

いろいろな所に、お出かけしたい季節です……

が、今は、がまん、がまん 😢

 

 

こんな時だからこそ、体にいいこと勉強しちゃいましょう!

 

 

『遠赤外線○○』を買ったけど、そもそも遠赤外線って何だろう?

 

なんとなく「健康にいい」とか「暖まる」イメージあるけど……。

と、遠赤外線について詳しくは知らないけど、知ってみたいと思っている方に!!!

 

 

遠赤外線とは ?!

5分でわかる毎日浴びるべき遠赤外線の効果!!!

 

世間一般に『遠赤外線』という言葉は広まっていますが、実はこの遠赤外線、現在は医療現場で活用されるほど、健康に対してとてもいい効果があります。

 

 

健康と美容にいい遠赤外線の効果は この6つ

              (1)血液がサラサラになる

育成光線が健康や美容にいい (2)老廃物が排泄されやすくなる 

              (3)細胞の代謝が良くなる

              (4)早く温まる

早く温まり冷めにくい    (5)体の内部が温まる

              (6)一度温まると冷めにくい

 

 

(1) 共鳴作用で血液がサラサラに

 

人体には多くの水分子が存在します。

通常、水分子はくっついて集合体として大きくなろうとしています。

育成光線の共鳴作用には、この分子同士のくっつきを妨害する機能があります。

 

妨害することで、分子が小さいままでいられるため、血流やリンパの流れがサラサラになります。

 

しかし、くっついて大きくなってしまうと、分子が大きくなってしまい、血流やリンパの流れなどに影響を及ぼします。

 

 

【2】 老廃物が排泄されやすくなる

 

共鳴作用には体内にある老廃物にも働きかけます。

サイズの大きい老廃物は動きづらいですが、共鳴作用により動かすことができ、共鳴作用で良くなった血流にのって排泄されます。

 

 

【3】 全身の細胞の代謝が良くなる

 

育成光線には毛細血管の拡張機能もあります。

これにより、全身の血流が良くなり、体が温まります。

 

 

【4】 早く温まる

 

遠赤外線での温まり方は、周りの気温や空気の冷たさに関わらず、物質が早く温まることです。

遠赤外線で早く温まる効果を『輻射(ふくしゃ)熱』といいます。

 

実はこの輻射熱は日常的に体験しています。

それは、「太陽の光で温かい」と感じることです。

 

日陰にいると寒いと思うような気温も、日向にいると、すぐに温かいと感じることが出来ると思います。

 

これは、太陽光に含まれる遠赤外線の効果で、日向に出たらすぐに「温かい」と感じる理由なのです。

 

 

【5】 体の内部が温まる

 

遠赤外線の輻射熱で体が温まると、体の内部、つまり内臓まで温めるので、体がポカポカになります。

 

遠赤外線は皮膚の0.2㎜の所で、熱エネルギーに変換されます。

さらには後述する分子活動を活性化することで、皮膚近くにある毛細血管の血液が温まるのです。

 

血液は循環するものなので、皮膚表面で温まった血液は、体全体をめぐります。

皮膚0.2㎜の深さで温まった血液が肝臓や腎臓、胃などを温めて、体の内部から温まるのです。

 

 

(6) 一度温まると冷めにくい

 

遠赤外線の輻射熱で体が一度温まると、遠赤外線を受けなくなってもすぐに体が冷えず、温かさを保つことが出来ます。

 

イメージでいえば、温泉にゆっくり浸かったあと、温泉から出ても体がしっかり温まっているので、すぐに「寒い!」とはなりません。

これにより、遠赤外線で体を温めるのは急な血圧上昇をしないなど、血圧対策に良いと言われています。

 

 

このように体にとって、とてもいい効果がある遠赤外線!!!

 

是非、毎日浴びてください (^^)

 

 

気軽に毎日、遠赤外線をたくさん浴びられるといえば

遠赤外線機器 【日だまりです。

 

・遠赤外線の日だまりは、がん治療専門クリニックや整骨院などでも使用されています。

 

・がん患者の方が身体を温めるために使用されています。

 

・コンパクトサイズなので気になる所を温めることが出来ます。

 

 

どんな感じなのかな?

一度試してみたい……

 

ご安心ください。

1ヶ月レンタル実施しています。

 

お気軽にお問い合わせください (*^^*)