BLOG

ガン温熱治療には遠赤外線ドーム②

2021/05/18
ロゴ

紫外線が気になる季節になりましたね ^^;

 

 

5月が一番紫外線がつよいんですって ⛱🌞

 

おひさまには当たりたいけど、日焼けが気になる!

 

 

 

そんな時には、遠赤外線グッズを使って

お家の中で日向ぼっこをしましょう (^^)

 

 

 

前回、遠赤外線を使った温熱治療のお話をしました。

 

今回も、引き続き温熱治療のお話をしますね。

 

 

 

 

   【がん治療の基本】自宅で温熱治療を実施する

3つの方法とその効果

 

 

1.温熱治療でガンが治る3つの理由

 

現在、ガン治療の一環として病院やクリニックでも温熱治療が用いられています。

 

 

その理由は、温熱治療がガンに対して「大変有効」だからです。

 

 

 

なぜ、温熱治療でガンが治るのでしょう (。´・ω・)?

 

 

 

 

🌞1.熱に弱いことを利用して

     がん細胞を死滅させる

 

 

ガン細胞は一般的に熱に弱く42.5℃で死滅するといわれています。

 

 

ガン治療における温熱治療は、この熱に弱いというガン細胞の特性を利用して行われています。

 

温熱治療によりガン細胞が死滅することで腫瘍が大きくなることを防ぎ、

さらには縮小させることが出来ます。

 

最終的には腫瘍をなくします。

 

 

 

 

🌞2.免疫力をアップさせて

     自分の力でガン細胞に対抗できる

 

 

温熱治療の最大の効果が「免疫力アップ」ですが

これが温熱治療のガンに対する最大の効果です。

 

 

enlightened【38.0℃以上でさらに免疫力アップ】

体温が38.0℃以上になると、体内に『ヒートショックプロテイン』というプロテインができます。

 

 

このヒートショックプロテインには免疫力を増強させる効果があります。

 

・ガン細胞と戦うためのNK(ナチュラルキラー)細胞の増強

・ガン細胞を攻撃対象と示すための樹状細胞の増強

 

など、ガン細胞を撃退するために必要な免疫力が増強・増加することで、

自己免疫力でガン細胞に対抗できるようになります。

 

ガン細胞を撃退するのに有効で、なおかつ体に負担が少ないのは、自己免疫力によりガン細胞を死滅させることです。

 

最近のガン治療では、「免疫療法」といって自己免疫力を高める治療方法もあります。

 

 

温熱治療は免疫療法の一部をかねた治療方法になります。

 

 

 

 

🌞3.抗がん剤治療、放射線治療の効果を

     アップすることができる

 

 

現在のガン治療の多くは「抗がん剤治療」「放射線治療」が主流となっています。

 

温熱治療は、抗がん剤治療や放射線治療と併用して用いられることもあります。

 

それは、温熱治療がこれらの治療の効果を増加させるからです。

 

 

enlightened【放射線治療との併用】

放射線治療とは、放射線によって体内に非常に毒性の強い活性酸素を生みだし、その活性酸素により、ガン細胞を攻撃させます。

 

そのため、幹部近くに多くの酸素が必要となります。

 

 

温熱治療でガン細胞周辺を温めると、血流が良くなり、酸素量も増えます。

  ①温熱治療で患部を温める

      ↓

  ②血流が良くなり酸素が集まる

      ↓

  ③放射線により効率よく活性酸素が生み出される

      ↓

  ④活性酸素によりガン細胞が攻撃され、ガン細胞が死滅する

 

 

 

enlightened【抗がん剤治療との併用】

抗がん剤は増殖の速い細胞に対して攻撃をします。

 

ガン細胞は増殖が早いため、抗がん剤の攻撃対象となります。

 

 

ただ、増殖の速い細胞には正常な細胞もあります。

 

この正常な細胞も攻撃されてしまうことが、抗がん剤の副作用です。

 

 

しかし、温熱治療で患部を温めると、その部分の血流が良くなり、血液量が上がります。

 

そうすると、抗がん剤が患部へ効率よく運ばれることになり、効果が増加します。

 

 

ガン細胞以外の増殖の速い正常な細胞への攻撃が減るため、副作用も軽減されます。

 

 

 

 

 

   2 自宅でできる遠赤外線温熱治療

 

自宅で遠赤外線を浴びる場合、大きく分けて2つの方法があります。

 

  ① 家庭用赤外線治療器の医療機器を使う

  ② 遠赤外線床暖房を使う

 

 

今回は、そのうちの1つを紹介します。

 

 

 

 

🌞1.家庭用赤外線治療器を使う

 

 

現在、家庭用赤外線治療器として販売されている医療機器は、あまりありません。

 

2つほど購入できるものがあります。

 

 

【オムロン社製  赤外線治療器 HIR-227

・首の部分を大きく動かすことができ、様々な患部に赤外線を当てることが可能。

 

・90秒で温まるクイックホット方式を採用。

 

 

 

【MOZU  遠赤外線温熱治療ドームレインボー】

2017年に家庭用赤外線治療器として承認を受けた製品。

 

・ドーム型の内側から遠赤外線を輻射します。

寝ながら、お腹や足、肩、胸、腰に

・椅子に座りながら足に

・座りながら足、腰に

・立ちながら足に

 

など、生活の様々なシーンで使用可能です!(^^)!

 

 

 

🌟1番おすすめ!  遠赤外線「日だまり」

2つの家庭用赤外線治療器を紹介しましたが

家庭用赤外線治療器は30分以上連続で使用することができません😰

 

 

それだと、日常生活で使用するには大変不便です。

 

 

 

そこで、医療機器ではないですが、遠赤外線「日だまり」が大変おすすめです😊

 

 

おすすめする理由は

「日だまり」は「遠赤外線温熱治療ドーム レインボー」と同じ発熱体、炭素繊維を用いています。

 

 

ようするに医療機器で使用されているものと同じものが「日だまり」にも使用されています。

 

さらに、

「日だまり」は医療機器でないため30分以上の連続運転が可能 !(^^)!

 

一日中遠赤外線を浴びることができます!

 

 

就寝中に足元に置いたり、テレビを見ながら温まるなどが可能なんです!

 

 

8時間使っても、電気代は約5円!

 

タイマー付きなところも、利用者さんから喜ばれています!

 

 

enlightened家庭用赤外線治療器の設定は「育成光線が60%以上輻射されていれば良いのですが

この「日だまり」は約90%もの育成光線が輻射されています !(^^)!

 

 

 

一度使ってみたい、もっと詳しく知りたい

 

安心してください!

 

 

 

「日だまり」1ヶ月レンタル実施しています。

 

 

資料請求だけでもOK 🙆

 

 

お気軽にお問い合わせください (*^^*)